もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち

ケータイを持って使わなくなった公衆電話

もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち 昔は街中のどこを見渡しても目にすることのできていた公衆電話ですが、最近はというと、めったに目にしないだけではなく、見つけようと探してもようやく1つあるかないかというくらいで、その設置数がとても減ってしまっているということがよくわかります。そんな中でも、駅前にポツンと1つだけある公衆電話ボックスであったり。昔ながらのタバコ屋さんの隣にある公衆電話を見ると、ふと昔のことが懐かしくなってしまうことがあります。このようにして公衆電話が減ってしまっているのは、現代の世の中にケータイが広まったからで、誰しもが外出先で電話をかけようとするときにケータイを利用するようになったからだと思います。現に今の私もケータイを持っていて、わざわざ公衆電話なんて利用しなくなりました。しかしケータイを持っていなかった昔はというと、公衆電話はなくてはならないものであり、それに対する思い出もたくさんあります。公衆電話というのは、コインを入れなければ一定の時間が経つと切れてしまうため、話をコンパクトにまとめておかなければなりませんでした。

しかしつい話に花が咲いて盛り上がってしまうと、手元のコインがなくなってしまい、話の途中であるにも関わらず、その電話が切れてしまうといったようなこともあったのです。しかしケータイではそういったことはありえません。今思うと、公衆電話は不便に感じますが、それもまた懐かしい思い出の1つとなっています。

Copyright (C)2022もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち.All rights reserved.