もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち

ケータイは電話をするもの

もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち ケータイを持っている人は、今はほとんどの人はスマホを持っていると思います。スマホを持っている目的は、電話をしたいというよちもスマホで色々な便利な機能を使うことができるからだと思います。SNSをするためや、アプリを使うためなどの目的でケータイを持っている人が多いように思います。私はスマホを持っていません。ケータイには電話をする、連絡をするという基本的な機能しか求めていないので、今はまだ今の携帯で十分だと思っています。コミュニティなどに入っている人や、アプリに頼らないと何もできない人などは、スマホを手放すことはできないと思います。スマホは充電がすぐに切れてしまうのが悩みだという人もいますが、これはケータイに依存しすぎだと思いますし、連絡をとりたいときに肝心の連絡の機能が生かすことができない危険性もあります。

電話は話しをすること、相手と連絡をとることを重点にもつべきだと思います。ネットをつなげるのはパソコンで十分にできますし、ネットを持ち歩くとケータイに依存してしまうと思います。最近は友達といてもスマホばかりいじっている人が目に付きます。これではなんのために2人でいるのか分かりませんし、ケータイに依存しすぎていると思います。なんのために電話を持ってるのか、今一度確認する必要があると思います。ケータイを使うのは悪いことではありませんが、SNSなどに依存しすぎると、いざケータイがなくなると不安で仕方なくなってしまうと思います。

おすすめリンク

Copyright (C)2022もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち.All rights reserved.