もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち

もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち

もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち この時代、若い一人暮らしのひとなどは固定電話を持たずにケータイだけで済ませているひとがほとんどだと思います。私もそのひとりです。今やスマホもかなり普及し、本当に様々なことがケータイひとつで出来るようになってしまいました。ここまでケータイで全てまかなえてしまう今の状況を、私は少し怖くも感じています。

私のケータイはスマホではなくガラケーですが、それでもいろんなことができます。電話やメール、カメラ機能にとどまらず、音楽プレーヤーにもなりますしお財布にだってなってしまいます。大量の個人情報も詰まっています。私はあまりケータイでいろんなことをするのが好きではないのでそれらの機能を全て使っているわけではなく、必要最低限のものにとどめていますがそれでもケータイがなくなったらかなり困ると思います。ひとつのガジェットに頼り切ることを世間のひとたちは怖いと思わないのでしょうか。それひとつで何でも出来てしまうということは、それがなくなったら何も出来なくなるということに等しいのではないでしょうか。今はケータイ会社のサービスもどんどん進化しているようで、落としたからといってすぐに悪用される心配はあまり無いと思います。ですが落としたひとの生活には大きな支障が出るのはずです。あらゆる面において不便であることはもちろん、何より精神的に苦痛を感じるのではないかと思います。街でひとを見ているとほとんどのひとがほんの1分でも時間があくとケータイを見ているという印象を受けます。バスや電車を待っているとき、信号待ちのとき、歩きながらや自転車に乗りながらでも必死に画面を追っているひとが多いです。こんなにもケータイに依存しているひとが多いという事実を私は本当に恐ろしく感じます。便利な機械であることはいうまでもありませんし、私の生活にも欠かせません。ですが、「これがないと生きていけない」という風にはなりたくないと思います。

おすすめリンク

Copyright (C)2022もはや電話だけではない。ケータイに依存するひとたち.All rights reserved.